ダイエット番組

拒食症で体重32kgに・・・フィギュアスケートの鈴木明子さん摂食障害からの復活

2016/12/11

プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんが、NHK「オトナヘノベル」で摂食障害発症から克服までの様子を語りました。

彼女はなぜ拒食症にかかり、どうやって回復したのでしょうか。詳しくまとめました。

ダイエット

摂食障害という病気

街で女の子たちに痩せたい理由を聞いてみました。

女性
やっぱり周りの友達とかもっと細い子が多いので
女性
周りの評価とか気になる
みんな、周りと比べているようです。

そんな10代を『見た目を気にする症候群』と呼ぶ先生がいます。精神科医の水島広子さんです。

水島医師
人からどう思われるかっていうのを中心に動いているという感じ

見た目を気にするのは女性だけではありません。理想の身体を追い求めるあまり、行き過ぎたトレーニングや食事制限をしてしまう男性もいます。

その結果、ガリガリに痩せてしまい、ついには食べる事さえうまくできなくなってしまう病気『摂食障害』になってしまうことも。

摂食障害

水島医師
体重計に乗って『マズイ、今日は何km走らなきゃ』みたいに、苦しくてもやめられない強迫観念がある場合は病気が近付いてきている

脂肪吸引

摂食障害に苦しんだ鈴木明子さん

プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんも、10代の頃摂食障害に苦しんでいました。オリンピック出場と言う華々しい活躍の裏で、いったい何があったのでしょうか。

この時の体重は32kg。頬はこけ、まるで別人のようです。

鈴木明子 摂食障害で体重32kgに

鈴木明子
食べなきゃいけない事は十分分かっているのに食べる事が怖い。食べられない自分が嫌で自己嫌悪でした

6歳でフィギュアスケートを始めた鈴木さん。安藤美姫さんや浅田真央さんらと並ぶ有望選手に成長。

さらに上を目指そうと、有名なコーチがいる大学に進学。一人暮らしを始めます。それが、苦しい日々の始まりでした。

アスリートとして、太らないように体重をキープする形でやっていたという鈴木さん。親元を離れて一人になり、『絶対に自分でしっかりコントロールするんだ』と意気込みすぎてしまったといいます。

食事は野菜中心。油や炭水化物はほとんど口にしませんでした。

最初は体が軽くなってスケートの動きが良くなったという鈴木さん。「単純に体重を落とせばいい」というゲームのようだったと振り返ります。

『体重を減らしたい』。

その思いは次第に歯止めがきかなくなっていきました。体重計に乗らないと気が済まなくなり、数字に囚われていたといいます。

やせていくにつれ、だんだん動かなくなる体。

鈴木明子
だんだん体が動かなくなって、スケートも出来なくなってというのが自分でも分かってきて。その時には手遅れなんですよね

食べようとしても、全て吐き出してしまうように。

拒食症になってしまったのです。

一人暮らしを始めて、わずか3ヶ月のことでした。

「食べる」という基本的な事ができない自分に劣等感を感じて、『自分は生きてる意味がない』とまで思うようになってしまったといいます。

こんな人は摂食障害になりやすい

内科医の鈴木眞理さんをスタジオに迎えてお話を伺います。

鈴木医師
昔は高校生が一番多かったんですけど、最近の調査では小学校3年生の患者さんが
最近は小学生の摂食障害の例もある

行き過ぎたダイエットをすると、体が悲鳴をあげ始めて食べたくなりリバウンドしてしまうものですが、ストレスを抱えている人は摂食障害になりやすいといいます。

ストレスを抱えている人は摂食障害になりやすい

鈴木明子さんの場合は「よい成績を残したい」という思いがプレッシャーとなり、ダイエットを加速させました。

摂食障害になりやすい人

  • 頑張り屋さん、完璧主義
  • 他人の評価が気になる
  • 相談する事が苦手
  • ストレスを抱えている

鈴木医師
やせていくとどんどん脳も痩せて感受性も痩せる。嫌な事にも鈍感になれる。つらいことがあっても自分の事ではなく非現実な事に感じられるようになる

鈴木明子さん摂食障害からの復活

拒食症になり、日常生活もままならなくなった鈴木明子さん。一旦スケートから離れて実家へ戻りました。

お母さんが作ってくれたものさえも食べられない鈴木さん。『母の想いに応えられない』。そのことがますます鈴木さんを苦しめました。

数ヶ月経ったころ、転機が訪れます。きっかけは何気ない母の一言でした。

「食べられるものから食べようね」

決して無理を言わず、自分を見守り続けてくれたお母さんの優しさに、背中を押されたのです。

食べ物を口にした鈴木さんを見て涙を流すお母さん。そんなお母さんを見て、「こんな事で泣かせちゃダメだ」と思ったという鈴木さん。

鈴木明子
自分が元気でいる事が母に喜んでもらえる事だろうと思った

お母さんと二人三脚で少しずつ食べる量を増やし、1年かけて摂食障害を克服。

鈴木明子 摂食障害を克服

その5年後、鈴木さんは夢だったオリンピックの舞台に立ちました。

摂食障害にならないために

摂食障害にならないためにはどうすれば良いのでしょうか?

鈴木眞理医師によると、ストレスに対処する力を小さい頃から身に着けていくのが大事だといいます。

鈴木医師
失敗は失敗ではなく『成功の母』。失敗してもいい

番組の前半では、あるアイドルのダイエットに密着。そこには危険極まりない間違いダイエットの実態が・・・!!

間違いダイエットで脳が縮む!?アイドルの危険なダイエットに密着
多くの女性たちの願い、『痩せたい』。 NHK「オトナヘノベル」では、あるアイ

ダイエット番組

関連記事

湘南美容外科クリニック ライポマティック脂肪吸引
仕上がりが格段にキレイ!湘南美容外科クリニック ライポマティック脂肪吸引

安全・安心・たるまない!体に優しい脂肪吸引、湘南美容外科クリニックのライポマティ ...

あの日に帰りたい6 亡き母のために痩せたい体重91kgの彼女

2012年2月9日放送のTBS「スパモク !!100kg超級ダイエット あの日に ...

湘南美容外科クリニック 脂肪吸引の種類と効果の比較
湘南美容外科クリニック 脂肪吸引の種類と効果の比較

ダイエットに何度も失敗した・・・。すぐリバウンド・・・。体型のバランスが悪い・・ ...

男性の脂肪吸引 THE CLINICベイザー4Dスカルプトで他院修正
男性の脂肪吸引 THE CLINICベイザー4Dスカルプトで他院修正

全国の美容外科医にベイザー脂肪吸引の技術を指導するTHE CLINIC(ザ・クリ ...

まぁこ ション・リー式ダイエット
まぁこが痩せたション・リー式ダイエット Oh!どや顔サミット

2012年2月10日放送の朝日放送「Oh!どや顔サミット おデブをムキムキにする ...